東洋オリーブについて

昭和30年創業 東洋オリーブについて

東洋オリーブは、昭和30年創業から、香川県小豆島で栽培から加工までオリーブに一生懸命取り組んできました。
小豆島の皆様に支えてもらい、今日までオリーブ一筋にこだわり続けてきたのです。
また、東洋オリーブは日本最大のオリーブ自社農園を保有し、小豆島果実の生産量日本一を誇っております。

小豆島に根付いたオリーブオイル

オリーブが本格的に日本に導入されたのは、明治41年のこと。
当時の農商務省がイワシやマグロの缶詰に使うためのオリーブオイルを国内自給する目的で鹿児島・香川(小豆島)・三重の3県で試験植樹をしたのですが、その中で小豆島だけが栽培に成功しました。これが「小豆島のオリーブ」の発祥といわれています。

創業以来、オリーブ一筋に取り組んでいます。

小豆島に根付いた地域密着型のメーカー

地域に根ざしこつこつと小豆島の皆様に育てていただきました。
当社の商品は、島の他企業のショップにも置かせていただき、オリーブ素麺、オリーブソルト、醤油などコラボ商品を展開させていただいております。


|銀四郎麺業|銀四郎麺業(株)は昭和40年の創業以来、伝統の「手延技法」を受け継ぎ、国家資格を持つ製麺技能士ら、熟練した職人達を中心に、手延べ素麺をはじめとする、手延べ麺づくり一筋に歩んでいます。